2015年11月21日

水草を譲っていただきました

YOSSYさんから頂いた水草

YOSSYのアクアライフ」のYOSSYさんから、「ミクランテムム・モンテカルロ」(ニューラージパールグラス)と「ルドウィジア・インクリナータ・サンフランシスコ」という水草を頂きました。YOSSYさん、ありがとうございます!

音響の仕事をされているそうで、封には音符が
音響の仕事をされているそうで、封には音符が

YOSSYさんがモンテカルロについてブログで記事を書いていて、CO2添加なしでも育つのかと質問したところ、親切にモンテカルロ自体をお送りくださいました。しかも、比較的簡単に赤く育つという「ルドウィジア・インクリナータ・サンフランシスコ」という水草も一緒に送ってくれました!

どちらもYOSSYさんから頂かなければ、果たして自分で手に入れられたのか?と思うような水草たちです。大切に育てたいと思います。

小分けして栽植の用意
右下が「ウィーピングモス」、その上が「ストリンギーモス」

サンフランシスコについては、以前本で見た有茎草の下処理をして(参考:水草の下処理(下準備)の方法 有茎草の場合)、右奥へ栽植。モンテカルロについては、ニューラージパールグラスだということなので(トロピカ社がリリースしたニューラージパールグラスのインボイスネームが「ミクランテムム・モンテカルロ」だそうです)、やったことがないのでよく分からないのですが、ある程度小分けして、少し隙間を開けて水槽の前の方に植えました。果たして、CO2添加なしでも絨毯のようになってくれるのでしょうか!?

ルドウィジア・インクリナータ・サンフランシスコ
ルドウィジア・インクリナータ・サンフランシスコ

おまけに、「ウィーピングモス」と「ストリンギーモス」という2種類のモスも少し付いていたので、増やしてみたいと思っています。この2つも自分では名前も知らなかったので、貴重なモス2つゲットです。ストリンギーモスについては、活着せずに縦に伸びる珍しいモスのようです。一方、ウィーピングモスについては、「ウィーピング(weeping=枝垂れる)」という名前の通り、「枝垂れモス」といったところでしょうか。

ミクランテムム・モンテカルロ(ニューラージパールグラス)
ミクランテムム・モンテカルロ(ニューラージパールグラス)

これでわが家の水槽は、25センチと小型ながら、パールグラス、ルドウィジア、ミクランテムム・モンテカルロ(ニューラージパールグラス)、ルドウィジア・インクリナータ・サンフランシスコ、ウィーピングモス、ストリンギーモスと、6種類の水草に増えました。

栽植後はこんな感じに
栽植後はこんな感じに

0 件のコメント:

コメントを投稿