2015年11月3日

ミナミヌマエビが脱皮 抜け殻は取り除くべき?そのままでいい?

流木の裏にミナミヌマエビの死体!? 抜け殻でした・・・
流木の裏にミナミヌマエビの死体!? 抜け殻でした・・・

ミナミヌマエビのし、し、死体!? 週末、水換えをしていたとき、流木の陰に隠れていた白いエビの形をした物体2つを発見。びっくりしました。よく見ると抜け殻。どうやら、脱皮をしたようです。それにしてもこれは心臓に良くないです・・・。

この時は抜け殻をすぐに取り除いてしまいました。見た目はまるでエビの死体で、水質を悪くしそうだと思いましたので。この日発見したのは抜け殻2つでしたので、4匹中2匹が脱皮したようです。

水換え後、翌日朝にもう1匹が脱皮していました。この時も抜け殻は除去! 見た目も悪いですしね。

ただ、その後ふと考えました。エビの抜け殻は取り除くべきか? それともそのままでも大丈夫なのか?

というのは、わが家の水槽ではミナミヌマエビ4匹だけなので、抜け殻を見つけ次第取り除くのは何の苦痛もないのですが、これが10匹、20匹・・・となると、毎日誰か1匹、2匹は脱皮しそうです。さすがに毎日抜け殻を取り除くのは面倒くさそう・・・。

結論を先に言うと、どうやら抜け殻はそのままにしておいて大丈夫なようです。むしろ、残しておいたほうが良い! 抜け殻はエビたち自らが食べてしまうそうですが、脱皮で失ったカルシウムを得る貴重なカルシウム源になるようです。

結構大きいのですが、これを本当に食べちゃうのかな?
結構大きいのですが、これを本当に食べちゃうのかな?

そういえば、実家でニワトリを飼っていましたが、その時も普通の餌に加えて貝殻を砕いたものを与えていました。今のニワトリは、ほぼ毎日卵を産むように品種改良されているのですが、卵の殻を形成するのにカルシウムが必要なんですよね。

自分の抜け殻を食べる気分はあまり想像したくないですが、今度抜け殻を見つけたときはそのままにしておきます。

追記:『はじめてのレッドビーシュリンプ』に、脱皮後の抜け殻の処理について書かれていました。そこでは、基本はそのままでも良いが、水槽をセットしたばかりの時など、まだ水質が完全に整っていない場合には、水質悪化を避けるために取り除いた方が良いとありました。

1 件のコメント: