2015年10月29日

ミナミヌマエビのコケ取り効果検証 中間報告

4日前からわが家の水槽に仲間入りしたミナミヌマエビ
4日前からわが家の水槽に仲間入りしたミナミヌマエビ

ミナミヌマエビ投入から4日間が経過したところで、「ミナミヌマエビのコケ取り効果検証」の中間報告をしたいと思います。水槽は25センチの小型水槽(約7リットル)。ミナミヌマエビは4匹だけの投入です。5つの点で検証をしているのですが、結果から言いますと、これまでのところ効果があったのは下記の3点でした。

① パールグラスの根元近くに付いたコケ(茶ゴケ)
③ 底床(ソイル)に付いたコケ(緑の糸状コケ+茶ゴケ)
④ フィルターの吸水口近くのコケ(緑の糸状コケ)

① パールグラスに付いた茶ゴケには効果あり!
① パールグラスに付いた茶ゴケには効果あり!

一方、下記の2点については、コケが以前より伸びているようで、抑制にもならない状況です・・・。

② ルドウィジアに付いたコケ(緑の糸状コケ)
⑤ ガラス面に付いたコケ(緑の糸状コケ+茶ゴケ)

③ ソイルに付いた緑の糸状コケ+茶ゴケには効果あり!
③ ソイルに付いた緑の糸状コケ+茶ゴケには効果あり!

ネットの情報やアクアリウム関連の本では、エビは糸状のコケをよく食べるとあったのですが、なぜ? ヤマトヌマエビではなく、ミナミヌマエビだったからでしょうか?

一方、パールグラスやソイルについた茶ゴケはきれいに食べてくれました。パールグラスは写真では分かりづらいかもしれませんが、直接見る限りはかなりきれいになりました。また、ソイルは写真でもはっきり分かると思いますが、こちらもきれいになりました。ソイルには、少し緑の糸状のコケも付いていましたが、それも食べてくれました。

④ フィルターの吸水口近くに付いた緑の糸状コケには効果あり!
④ フィルターの吸水口近くに付いた緑の糸状コケには効果あり!

ソイルは、「GEXピュアソイルブラック」という比較的粒の大きなものを使用していますが、ミナミヌマエビたちはそれを前脚でころころ回転させるようにしてコケを食べていました。茶ゴケは柔らいから食べやすいのかな? 茶ゴケがなくなれば、次は緑の糸状コケを・・・と期待していたのですが、なかなか手をつけてくれません。

②⑤ ルドウィジア、ガラス面に付いた緑の糸状コケには効果なし
②⑤ ルドウィジア、ガラス面に付いた緑の糸状コケには効果なし

なぜだろうと思い、ネットで調べると・・・。まず、恐らくこの緑の糸状のコケはアオミドロ。そして、ヤフー知恵袋の回答では・・・

そりゃ、ミナミヌマエビはアオミドロ食いませんから。
発生し始めたばかりの細く柔らかいものなら、ある程度は食べますが、増えるペースが多いとどんど太く硬くなってしまい、とてもミナミが食えるシロモノではなくなります。
数日間完全遮光してアオミドロの勢いを弱めた後なら、ヤマトヌマエビが食べてくれます。
地味ですが、人力で掃除が確実で手っ取り早いです。

また、コケ対策.com でも、まずは手作業で除去することを勧め、そしてコケ取り生体の投入を勧めていますが・・・

ペンシルフィッシュ、エビ類、ブラックモーリーなどを投入しましょう。ただし、発生から時間が経ち、長く太く固く塊になったものは食べてくれません。


どうやらある程度成長したアオミドロには、歯が立たない場合もあるようです。

ガラス面でもコケがあれば一応踏ん張れるようです
ガラス面でもコケがあれば一応踏ん張れるようです

でも今回、④では、アオミドロを食べてくれています。写真では分かりづらいですが、実は小さな鉢の下の方にはまだアオミドロが残っています。しかし、口付近にあったアオミドロは確実に食べられていました。4匹と投入数が少ないのも原因かもしれません。

アオミドロの発生には、富栄養化と長過ぎる照明時間が一因にあるようです。確かに、タイマーは付けず帰宅してから照明を消すため、照明時間は長過ぎだと思います。しばらく、照明は帰宅後3時間と落として、アオミドロの成長を抑えつつ、ミナミヌマエビの活躍に期待したいと思います。

アオミドロはこれから食べるのか!?
アオミドロはこれから食べるのか!?

0 件のコメント:

コメントを投稿