2015年10月6日

シールをきれいに剥がす方法 ベタベタもすっきり

ちょっと脱線しますが、プラスチック製品についているシールを剥がすと、ベタベタした部分が残ってしまうことありますよね? 私はこれがすごく気になります。

シール自体を剥がさずにそのままにしておくという手もありますが、特に水回りのものだと、どうしても水がかかってしまい、見た目も悪くなるので、えいっ!と剥がす。でも、ベタベタが残る・・・。

シールを剥がした後のベタベタは大っ嫌い!
シールを剥がした後のベタベタは大っ嫌い!

シールの跡にセロハンテープを貼っては剥がし、貼っては剥がしを繰り返すと、ベタベタが取れる場合もありますが、しつこいベタベタはそれだけでは取れません。で、ちょっとネットで探してみると、いろいろ方法がありました。いろいろあるのですが、ある2つの方法をブレンドすると、きれいさっぱりベタベタが取れました! 皆さんにもちょこっとシェアしたいと思います。

その方法とは、消しゴム+セロハンテープです。

まずは、消しゴムでベタベタした部分をゴシゴシ。これで、ベタベタした部分が消しゴムにより半分ほど取れた状態になります。消しゴムで擦るだけで取れる場合もあるかもしれません。しかし、粘りが強いと消しゴムだけでは駄目で、セロハンテープで貼っては剥がし、貼っては剥がしを繰り返します。

消しゴムで絡み取られたベタベタがセロハンテープにべったり
消しゴムで絡み取られたベタベタがセロハンテープにべったり

セロハンテープ単独では剥がしきれなかったベタベタも、消しゴムで弱らせているので、気持ち良く取れます。

これですっきり
これですっきり

はい、この通り。このベタベタは熱に弱いようですので、これでもうまくいかない場合は、ドライヤーで温めた上で、消しゴムでゴシゴシ、そしてセロハンテープでペタペタすれば、より取れやすくなるはずです。是非一度お試しください!

2 件のコメント:

  1. あのぺたぺた、べたべた、大っ嫌いっ!!
    こんな方法でやっつけれるなんて!
    すぐ周りを見渡して剥がすべきシールを探したのは僕だけじゃないはず・・・

    返信削除
    返信
    1. 是非お試しを。うまくいかない場合があれば教えてください〜。他の方法も探してみたいと思います。

      削除