2015年10月2日

意外なコケ取りツール?

ADA「プロレイザー」(写真:ADAのサイトより)
ADA「プロレイザー」(写真:ADAのサイトより)

ADAのプロ用?コケ取りツール「プロレイザー」。使っている方いますか? 5000円程しますよね・・・。高い・・・。

で、アマゾンで似たようなのが、1400円程で売っていました。その名も「プロレイザー」。同じじゃん! 思いっきりパクリ製品。ただ、レビューは星5中4.4とかなり高めで、使えそうです。

ADA製ではない「プロレイザー」
ADA製ではない「プロレイザー」(写真:アマゾンより)

でも、5を付けているある方のコメントが、

いままでメラニンスポンジで擦ってました。ショップの店員さんがオススメしてたのでショップで購入しようと値札をみたらかなり高額!!! その場でアマゾンを確認したらお買い得、しかも送料無料!!!!! 便利な時代ですね。

と、これは完全にADAの本物と間違えている。

いずれにしても、本物もこのパクリ製品も 金属の刃を使っている点は共通しています。これは、私にとっては意外。水槽を傷付けてしまわないように、ゴムとかスポンジみたいなのがコケ取り製品の基本かと思っていたら、金属の刃ですか。

金属でも良いのか。そうか、そうかと、先日ペアポットと一緒に100円ショップで買ったのが、「起し金 大」!!

起し金 大
「起し金 大」

金属でもOKなら、これも問題ないんじゃん?と思って買ってみました。100円ですしね。「実はこの角度がコケ取りに最適」なんて、既に使ったような解説を頭の中で考えつつ、トライ!

コケ取り用に最適化された角度?
コケ取り用に最適化された角度?

コシ、コシ。うーん。取れるは取れるのですが、1回じゃキレイに取れません。一部でコケが残っています。刃先にムラがあるのか? 製品によって良し悪しがあるのかもしれませんが、私が買ったものは正直期待外れでした。5000円は出せないけど、1400円くらいなら出そうかな。

2 件のコメント:

  1. ペコさん、初めまして。
    コケ取りツール、私も初めは高くてとても手が出なかったんです。それで、いろいろ自分で試作を・・・w
    でも、結果どれもうまくいかず。。。結局、プロレイザーを購入しました(^_^;)

    いろいろ試した結果、秘訣は「刃の薄さ」だと思います。ガラスにピタッと張り付くんです。
    ADAの替刃だけ流用出来れば、それほどの出費にならずに済みますよ。

    返信削除
    返信
    1. ヨッシーさん

      はじめまして。コメントありがとうございます!
      なるほど、重要なのは「刃の薄さ」なんですね。やはり、ADAは高いは高いなりに、理由がありますね。

      替え刃だけだと安いですね。今度、刃だけでも試してみます!

      削除